ジオバンク、インターネット街並案内画像 「道ナビ」を提供開始


空間データの制作・管理を行うジオバンク株式会社は、道路実写映像閲覧ツールとして、3次元実写都市映像地図データベースの構築を実現し、アプリケーションとして『道ナビ1.0』の販売を開始した。
不動産会社・飲食・物品販売店舗向けWebアプリケーションとして街並みを映像化した3次元実写都市映像地図データベースアプリケーション「道ナビ1.0」は、Webサイトに手軽に組み込めるファイルとして提供可能。東京主要8区分を網羅している。
『道ナビ1.0』は、道路実写映像を元にインターネット上で目的地までの案内動画を閲覧できるツール。幹線道路だけでなく、住宅街等の細い路地までをカバーし(カバー率90%)、機能としては、再生・停止・早送り・巻き戻しを装備している。映像と連動して地図上の現在地マーカーが移動し、目的地をゴールマークが知らせてくれる。
導入費用は1ファイル定価105,000円(消費税等込)とし、月額管理費等の設定はない。

関連リンク:http://www.geobank.co.jp/products/index.html
| 09:11 | Category: コンテンツ (2007.6.4/CWS News)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-04 11:31 | インターネット総合  

<< AppleのiPhone、発売... グーグルCEO、携帯電話戦略の... >>