「RealPlayer」新バージョン6月に発表ワンクリックで動画丸ごと保存






RealPlayer公式ブログでは、YouTubeの動画に「Download This Video」ボタンが表示される例を紹介している(同ブログより転載)
 米RealNetworksは5月31日、「RealPlayer」の新バージョンを6月中に発表し、「RealPlayer.com」で無料ダウンロード公開すると発表した。このバージョンの最大の新機能は、インターネット上で放送されている動画を、ワンクリックでダウンロードできるようにしたことにある。

 このRealPlayer新バージョンでインターネット上の動画を見ると、動画画面の隣に「Download This Video」ボタンが表示される。このボタンをクリックすると、その時放映されている動画が丸ごと手元にダウンロードされる。ダウンロードした動画はCDに書き込むことができる。また、有料バージョンの「RealPlayer Plus」を使用する場合には、DVDに書き込むことも可能だ。

 サポートしているフォーマットは、Real、Windows Media、Flash、QuickTime。これらのフォーマットで、かつDRMで保護されていない動画であれば、ダウンロード保存できる。

 新バージョンは、Windows上のInternet ExplorerとFirefoxで動作する。Mac OS版は2007年後半に発表される予定だ。また、現在開発中の次のバージョンでは、インターネット上の動画を携帯デバイスに転送して、外出先でも見られるようにする機能を開発中であることも明らかにされた。

(2007.6.2/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-02 07:28 | インターネット総合  

<< 日立・オラクル、中国で偽造対策... イタリアでタイポスクワッティン... >>