小学館、ネット専用7誌創刊


 小学館はインターネット閲覧専用のオリジナル雑誌7誌を同時に創刊する。大手出版社がネット専用に編集する雑誌を出すのは初めて。会員登録をすれば、月額750円で7誌すべてをネット上で1カ月間、何度でも読める。

 雑誌サイト「SooK(スーク)」を開設し、6月1日から7誌の配信を始める。新雑誌は中高年がターゲットで、田舎暮らしがテーマの「農家に棲む」など。月刊で発行する。利用者はパソコン画面上でページをめくるように雑誌を読める。会員登録しなくても、6―8ページ程度は試し読みができる。1年間で1万人の有料会員を目指す。(2007.6.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-01 09:28 | インターネット総合  

<< 「電卓」がウイルスの新たな標的... 約40%が「タッチタイピング」... >>