半導体市場 初の30兆円台へ




 世界の半導体メーカー68社が加盟する世界半導体市場統計(WSTS)は30日、2007年の世界の半導体市場規模が前年比2・3%増の2535億ドル(約30兆3000億円)と過去最高を更新するとの予測を発表した。

 日本円で30兆円を突破するのは初めてで、WSTS日本協議会の小川敏夫会長は「パソコン向けが価格を維持し、携帯電話向けも2けた台の伸びを確保している」と要因を説明した。

 日本の市場規模は、5・4%増の5兆6900億円と堅調な伸びを見込んでいる。しかし、09年には08年比3・1%増の6兆2700億円と成長は鈍化する。小川会長は「アジア全体では市場が膨らんでいる。日本企業が生産拠点を海外に移していることが原因だ」と語った。
(2007.5.31/フジサンケイ ビジネスアイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-31 21:43 | 周辺機器  

<< FirefoxなどMozill... <ドコモ2・0>巻き返しに新戦... >>