スウェーデン、「IKEA家具持ち帰り」できるSecond Life大使館を設置



 スウェーデンは5月30日、仮想世界Second Life内に仮想大使館「Second House of Sweden」を設置、一般に公開した。同日、仮想大使館の落成式が実際に行われ、カール・ビルト外務大臣がテープカットを行った。


 仮想大使館は、米ワシントンD.C.にある実際のスウェーデン大使館をモデルとし、周辺の環境はストックホルム群島を模した。

 大使館内では、ストックホルム国立美術館の展示、ラジオ・スウェーデンのポッドキャスト(英語)を配信するほか、スウェーデンに関連する写真、政治や業界についての情報、仮想スウェーデンフードとそのレシピを提供。またスウェーデンの大手家具メーカーIKEAなどが仮想大使館内に家具を置いており、一部はユーザーが自由に持ち帰って、自分の仮想住宅に使用することができるという。
(2007.5.31/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-31 14:48 | インターネット総合  

<< <ドコモ2・0>巻き返しに新戦... KDDIがスマートフォンに参入... >>