ドコモ販売店、NTT東の光サービス取り扱い


 NTTドコモは携帯電話販売店で、NTT東日本の光ファイバー通信回線サービス「Bフレッツ」を売り出す。競争が激化し、光回線や携帯サービスの拡販には、NTTグループの総力を結集する必要があると判断した。これまでは業界内に過度の刺激を与えないよう控えていた面もある。今後はさらに連携を強める考えだが、高いシェアを持つ同グループに対して、他の通信会社は反発しており、論議を呼ぶ可能性が高い。

 NTT東日本、西日本の地域会社を問わず、携帯販売店「ドコモショップ」で固定サービスを販売するのは初めて。(2007.5.30/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-30 09:56 | インターネット総合  

<< 「ひかり電話」にまた障害、1万... 「mora win」にWMP1... >>