NHKのWebサイト利用者数とPVが急増 - ネットレイティングス調査     


ネットレイティングスは28日、2007年4月度のインターネット利用動向に関する調査結果を発表した。4月は統一地方選挙があり、NHKはこれを自局 Webサイトにおいて積極的に報道した。その結果、NHKのWebサイトにおいて、利用者数が10%増の681万人、ページビューが39%増の1億 7,758万ページビューと、大きく利用を伸ばした。また、民放キー局のWebサイトでも、春の改編に伴う番組関連コンテンツの変更により、前月から利用者数とページビューの大きな変動が見られた。

同年3月4月のアクセス数に大きな変動があったテレビ朝日では、ドラマ「時効警察」「仮面ライダー電王」といった人気番組の関連コンテンツを設け、利用者数とページビュー(PV)を伸ばした。また、テレビ東京では「ポケットモンスター・ダイヤモンド&パール」など、得意のアニメ分野でのコンテンツを中心に利用が伸びた。

TBSは、前期のキラーコンテンツだったドラマ「花より男子2」の放送終了に伴い、利用者数、PVともに大幅減となった。

統一地方選挙に関連したコンテンツの利用状況では、「Yahoo!みんなの政治」と「市民メディア・インターネット新聞JANJAN」のアクセス数が急増した。主要新聞系サイトは、前月と比較して利用状況に大きな変化は見られなかった。

同社代表取締役社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、「NHKサイトの利用者数、ページビュー増加は主に開票速報へのアクセスによるもので、ネットでも選挙報道におけるNHKの強さを示す形となりました。一方、Yahoo!みんなの政治やJANJANが100万人を大きく越える訪問者を集めたことから、政策・政治家データベースや選挙コンテンツへのニーズが高いことがわかります。いずれも国政選挙となる夏の参議院選挙時には4月を上回るアクセスが見込まれます。」とコメントしている。 (2007.5.29/マイコミジャーナル)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-29 23:40 | インターネット総合  

<< 仏師が手彫り 木製ガンダム ドコモの「2in1」を実際に契... >>