東芝、「ぷよぷよ」もできる「gigabeat V」





 株式会社東芝は、ワンセグ放送に対応したHDDオーディオ/ビデオプレーヤー「gigabeat V」シリーズの新モデル2機種を6月1日に発売する。HDD容量40GBの「V401」と、80GBの「V801」を用意。価格はオープンプライスで、直販価格は40GBモデルが49,800円、80GBモデルが59,800円。

 カラーリングはV801がホワイト(W)とブラック(K)、V401はホワイト(W)、ブラック(K)、ボルドーブラウン(T)の3色を用意する。

 Vシリーズは30GBモデルと60GBモデルをラインナップしているが、新たに40GBと80GBモデルが追加された。HDDサイズは1.8型。液晶ディスプレイを、従来の3.5型(320×240ドット)から4.0型の480×272ドットへと大型/高解像度化。24bitフルカラー表示が可能で、周囲の明るさに応じて自動的に輝度を5段階に調節する「明るさセンサー」も備えている。

 音楽ファイルはWMA/MP3/WAV(PCM)とWMA 9 Losslessの再生が可能。WMVの動画ファイル再生にも引き続き対応。レーベルゲートがWindows Media Player 11向けに運営している音楽配信サービス「mora win」にて配信されているミュージッククリップやアニメの再生もサポート。WM DRMもサポートしており、サブスクリプションサービスのNapster To Goも利用できる。

 カラオケ音楽サイト「SEGA MUSIC GIG」で提供しているカラオケコンテンツのお試し版や、NHKの「毎日モーツアルト」のセレクション映像などもプリインストール。

 さらに、ゲームにも対応。セガの「ぷよぷよフィーバー」や、ブロック崩しの「SEGA BLOCKS」、テーブルゲーム「ソニック リバーシ」、インターチャネル・ホロンの脳トレソフト「右脳鍛錬ウノタン」なども収めている。

 ワンセグ受信も引き続き可能で、受信感度を従来モデルと比べ、平均9dB程度改善。ワンセグや動画視聴中に液晶ディスプレイをOFFにできる「Displayボタン」も新たに装備した。ワンセグでは、EPG表示中のチャンネル切り替えに対応したほか、予約録画時の操作性も向上したという。


 音質面では「新H2Cテクノロジー」を投入。圧縮音楽の失われた約16kHz以上の高音を補完。より自然な音の「Professionalモード」と、低音域を強調する「Dynamicモード」の2種類を選択できる。

 さらに、オンキヨーと共同開発したというステレオスピーカーを前面に装備。PCとの接続はUSB 2.0を使用。楽曲などの転送にはWMP 10/11を使用。バッテリは内蔵のリチウムイオンで、連続再生時間は音楽が約28時間、映像が約10時間。ワンセグの連続視聴は約8時間行なえる。

 外形寸法は、40GBモデルが75.5×124.5×18(最厚部24)mm(縦×横×厚さ)。80GBモデルが75.5×124.5×24mm(同)。本体のみの重量は、40GBが244g、80GBが264g。対応OSはWindows XP/Vista。
(2007.5.28/ impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-28 21:26 | 周辺機器  

<< 国立国語研究所が大規模コーパス... ブログで職業、性別、配偶者の有... >>