消えゆくネオン!? 中洲4分の1以上撤退 ネット広告が圧迫




 九州1の歓楽街、福岡市博多区中洲の象徴とも言える那珂川べりのネオン群に、異変が起きている。最も目立つ西大橋‐春吉橋間は、広告塔の4分の1以上が光を失ったままなのだ。九州進出を図る企業や地場企業が「中洲にネオンを出すのはステータス」と、夜の彩りを競ったのも今は昔。企業の経費節減やインターネット広告の普及による「ネオン離れ」が加速している。 (博多まちなか支局・山路健造)

■広告主求め躍起

 西大橋‐春吉橋間の両岸に設置されているネオン広告塔は計28基。そのうち8基が、看板が外されて枠組みだけになっている。

 中洲地区の飲食業者でつくる中洲町連合会によると、6月は多くのネオン広告の契約更新時期に当たる。屋上を利用して広告収入を得ようと、各ビルはこの時期、スポンサー探しに躍起だ。しかし、新規の顧客開拓どころか、現役の広告主の中にも「賃料が上がるようなら、更新を考え直さなければならない」(プロミス)と慎重な企業があり、苦戦している。

 ネオン広告の設置費は約2000万‐5000万円、年間維持費は約500万円という。「広告を下ろす場合にも、設置費と同程度の撤去費が必要」(ある広告主)なことから、企業としても安易に手を出せない事情がある。

■地域限定が壁に

 社名を大きな英字で書き、長く親しまれたニコン(東京)のネオン広告は、近年姿を消した。同社広報・IR部は「知名度はある程度得られた。ネオンや看板は効果が地域限定のため、福岡に限らずあまり出さなくなった」と理由を説明する。

 「最盛期に比べると、仕事量が6分の1に減った」と嘆くのは、ネオン広告の設置を請け負う業者の団体、全九州ネオン工業協同組合の中田慶蔵理事長。ネオン広告業界が低迷する最大の要因は、インターネットの普及だとみている。

 新商品が出るたびに簡単に広告の内容を更新でき、瞬時に膨大なパソコン利用者に届くネット広告に、企業の軸足が大きく移ったというのだ。重ねて、中洲自体もひところほどの元気がない。中田理事長は「もし福岡オリンピックが実現していれば、スポンサーが中洲を見る目も違っていたかも」と苦笑する。

■LEDや布地も

 ネオン広告業界も、厳しい現状に手をこまねいているわけではない。省電力で色彩の変化も多様になる発光ダイオード(LED)の利用や、維持費を軽減するため布地の看板に光を当てる方式など、広告主の呼び戻しに知恵を絞っている。

 ネオン群のほぼ中央に自社の広告があるアサヒビール(東京)は「中洲は九州を代表する場所の1つで、庶民性も高い。そこに自社の看板商品を出すことに意味がある」と、ネオン広告の効果は低くないと強調する。中洲を目指す道すがら、自社のビールや焼酎の看板を目にした人が、店に着いてから注文してくれる期待も込めている。

 地元の明太子メーカー、やまやコミュニケーションズ(福岡市)も「中洲には全国のいろんな所から人が集まる。看板を出すことで、人々に覚えてもらえる」と話す。

 その時々で隆盛を誇る企業が広告主となってきた中洲のネオンは、川面に時代の影をも映してきた。まばゆいばかりの輝きは、再び戻ってくるのだろうか。
(2007.5.28/西日本新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-28 21:23 | インターネット総合  

<< ブログで職業、性別、配偶者の有... 4月の米検索市場、「半分がGo... >>