Facebook、マイスペース追撃策を発表--SNS内での外部サービスの展開を許可



Facebookがついにサードパーティーのソフトウェア開発者らによるサービス展開を許可することにした。ライバルであるMySpaceが、主に外部サービスを許可することによりソーシャルネットワーキングにおいて驚異的な飛躍を遂げ、主導的な地位を築いたのは3年前のことである。

 ソーシャルネットワーキングサイト第2位のFacebookは米国時間5月24日、ソフトウェア開発者らがFacebookユーザー向けに「ウィジェット」を作成することを許可すると発表した。MySpace幹部らは何を今さらと感じるかもしれないが、Facebook創設者兼最高経営責任者(CEO)であるMark Zuckerberg氏は当地で24日に開催されたメディアイベントにおいて、同社は他企業が同サイトで小売サービスや広告を展開することも許可すると発表した。

 Zuckerberg氏は、ジャーナリストや社外の開発者からなる聴衆に対し、「広告を掲載したり、広告でなくても何かを販売することが可能になる」と述べた。「その売り上げはすべてその本人のものだ」(Zuckerberg氏)

 この点はMySpaceの考え方とは全く異なる。MySpaceの規則では、MySpace以外が同サイト上に広告を掲載することは許可されていない。

 Facebookの新しい計画の中心となるのは、誰にでもソーシャルコンピューティング向けアプリケーションを構築できるプラットフォーム「Facebook/f8」の開始である。同社は、同サイトには月間2300万人のユーザーが存在することと、利益を目的とした事業を展開する機会となることから、f8インフラストラクチャ上に新しいネットワーキングサービスをたくさん構築しようと考える開発者らが現れることを期待している。

 JupiterResearchのアナリストであるEmily Riley氏は、「Facebookは技術的に追いつこうと必死だ」と述べた。「同社は早い段階で常連ユーザーを獲得した点では幸運だったが、MySpaceにあるようなメディア性を持たない。MySpaceはコミュニケーションと新しいメディアの完璧な融合である」(Riley氏)


 Facebookは、ユーザーがサイトにもっと参加し、もっと長い時間を費やしてくれるようなさまざまなサービスを提供するという点においてMySpaceに遅れをとっている。ユーザーがサイトにログオンする時間が長いほど、そのサイトの広告主には有利である。

 MySpaceが創設されたのは、Facebookよりも3カ月だけ早い2003年11月だが、その利用者数はFacebookの3倍近くにのぼる。

 comScoreによると、News Corp.が2005年に5億ドルで買収したMySpaceの2007年4月の月間訪問者数は6600万人で、Facebookは2300万人であるという。

 Facebookは、24日夜からユーザーは自分のプロフィールに写真スライドショー(Slide)、音楽リコメンデーションサービス(iLike)、音楽プレーヤー(Uber)をはじめとする65の新サービスを利用することができると発表した。新しいビデオアプリケーションにより、FacebookユーザーはFacebook内の友人にビデオメッセージを送信することができるようになる。

 Facebookは長い間、大学生らのオンライン上の溜まり場であると多くの人々にみなされてきたが、Zuckerberg氏は、同社は成長していると述べた。同氏は記者会見において、現在ではFacebookユーザーの60%が大学を卒業していることを指摘した。

 Zuckerberg氏はこの記者会見の中で、Facebookの今回の外部サービス受け入れ体制の開始は遅かったのではないかという点については特にコメントしなかった。同氏は、これまではサードパーティーはサイトに「何らかのウィジェットをドロップする」ことだけが許可されていたと述べた。

 同氏は、「ソーシャルネットワーキングサイトに完全なアプリケーションを構築することを許可するプラットフォームが提供されたのは初めてのことである」と述べた。

 しかしFacebookの最高執行責任者(COO)であるOwen Van Natta氏は、Facebookが開発者らの関心を得るためにMySpaceを出し抜く必要があったことを認識しているようであった。

 Van Natta氏は、「われわれには競争力となるものが必要だった」と述べた。「開発者らがアプリケーションを開発したいと思うような最も魅力的なサイトを構築したいと考えており、それを実現するための方法が、事業展開を許可するということである」(Van Natta氏)

 Riley氏は、FacebookはMySpaceのようになりたいと考えてはならないと警告した。同氏はカリフォルニア州パロアルトを拠点とする同社は、ユーザーが容易にコミュニケーションできる場を提供することにより多くのユーザーを獲得したのだという点を指摘した。

 Riley氏は、「過度にMySpaceを模倣しようとしてはならない」と述べた。「今日の同サイトの利点を維持することが大切である。Facebookは密接なコミュニティや、オフラインですでに互いに知り合いである人々には最適である。Facebookはそれを忘れてはならない」(Riley氏)

 Facebookは長い間、売りに出されるのではないかという噂があった。それが真実かどうかと問われたZuckerberg氏は、「私は常にFacebookは独立した状態であるべきだと思ってきた。その噂を聞くとさらにその思いが強くなる」と述べた。
(2007.5.25/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 16:42 | インターネット総合  

<< Appleがセキュリティアップ... Gmailの添付ファイル上限、... >>