サン日本法人、シンクライアント端末を最大4割引きで販売


 サン・マイクロシステムズ日本法人(東京・世田谷)は、記憶装置を搭載しないパソコン「シンクライアント」の割引販売をすると発表した。受注日が今年9月末までの期間限定で、単価の最大4割引きで提供する。価格訴求力を高めることでシンクライアントの普及につなげたい狙いだ。

 「サン・レイ・スタートパック」と称して低価格販売を始める。対象となるシンクライアント端末は、ディスプレーなしの「サン・レイ2」、ディスプレー一体型の「サン・レイ270」、ノートパソコン型の「サン・レイ2N」の3機種。サン・レイ2N5台と管理サーバー1台、個人認証用のICカード25枚、専用ソフトをセットにした場合で価格は84万円(税抜き)。
(2007.5.25/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 09:31 | PC  

<< Dell、ついに「直販オンリー... ネット広告売り上げ、前年比35... >>