nanaco、開始29日で100万登録を突破。おサイフケータイは約15%


セブン-イレブンで利用できる独自電子マネー「nanaco」が、4月23日のサービス開始から29日で発行数100万件を超えた。内訳はカードが85%、おサイフケータイが約15%となっている。

 セブン&アイ・ホールディングスは5月21日、アイワイ・カード・サービスが発行する電子マネー「nanaco」の発行件数が100万件を超えたと発表した。nanacoはセブン&アイが発行する独自電子マネーで、4月23日にサービスを開始した(4月23日の記事参照)。サービス開始以来、29日での数字となる。セブン&アイ・ホールディングスでは、初年度1000万枚の発行を目指している。

 nanacoは非接触IC「FeliCa」を利用したプリペイド型(先払い式)独自電子マネーで、カードを利用する「nanacoカード」と、おサイフケータイで利用できる「nanacoモバイル」の2種類が用意される。100万件はカードとモバイルを両方合わせた数字で、内訳はカードが約85%、モバイルが約15%。

発行件数 日付
20万件 4月27日(5日目)
30万件 5月6日(14日目)
50万件 5月14日(22日目)
100万件 5月21日(29日目)


5月28日からはセブン-イレブン全店でnanacoが利用可能に
 現在nanacoを利用できるのは、東京都、岩手県、宮城県、山形県、福島県、新潟県、栃木県、茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県のセブン-イレブン約6260店舗。5月28日朝6時以降はさらに5470店舗でも取り扱いが始まり、セブン-イレブン全店(34都道府県、約1万1730店)でサービスを提供することになる。

 現在はセブン-イレブンでのみ利用できるが、2007年秋以降は、イトーヨーカドーやデニーズなど、セブン&アイ系列の各種店舗や、JCB加盟店を中心とするグループ外店舗でもnanacoを利用できるようになる予定。また、店舗POSレジだけでなく、セブン銀行ATMでのチャージも予定している。また、当初セブン-イレブンで利用できる電子マネーはnanacoだけだが、2007年夏以降はFeliCaクレジット決済(後払い)のQUICPay、秋以降は他方式のFeliCa電子マネーにも対応していく予定だ(2007.5.24/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-25 07:04 | 周辺機器  

<< ブログPRが実を結ぶ 関西学院... ミクシィ、事業目的に「旅行業」... >>