SCE、PS3のアップスケール対応ファームを日本公開





 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は24日、「PLAYSTATION 3」の最新システムソフトウェア、バージョン1.8を公開した。

 アップデート内容はSCEEが現地時間の23日に公表したものとほぼ同じものと思われる。最大の特徴は、DVDビデオとプレイステーション(PS1)/プレイステーション 2(PS2)ゲームの映像を、HDMI出力端子から最高1080pでアップスケーリング出力できること。設定画面から「切/2倍/ノーマル/フル」が選択できる。さらに、BDビデオを1080/24pで再生するモードも追加されている。

 また、DLNAクライアント機能も新たにサポート。DLNAサーバソフトを起動したPCなどと連携できるようになっており、PCのHDD内や、対応レコーダに保存した静止画や動画の再生もサポートしている。

 ほかにも、PS3のHDD内に保存した動画コンテンツなどをPSPに配信する「リモートプレイ」も強化予定。従来はLAN内のみの配信だったが、インターネットを経由してのアクセスに対応。自宅などに置いたPS3内の映像を、外出先のPSPから見ることなども可能になるという。ただし、SCEEのリリースによれば、この機能の利用には5月末に公開されるPSPのファームアップデートが必要になるという。

 ほかにも、静止画表示機能にズーム表示やトリミング機能を追加。スライドショーにも新しいタイプが追加されている。
(2007.5.24/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-24 17:13 | 周辺機器  

<< エキサイト版Twitter「つ... スパムに対して人々がより寛容に? >>