XP中国語版はウイルス?続発するバグ





最近、国際的なアンチウイルスソフトに相継いでバグが見つかり、波紋を呼んでいる。連続して発生した問題に、どっちがウイルスだかわからないと、ユーザの不信感は高まっている。


同18日、カスパルスキー社のアンチウイルスソフトにも同様の問題が発生していたことが明らかになった。ただしカスパルスキー社は問題の更新ファイル公開からわずか30分で配布を停止。そのためほとんど被害は出ていないという。この問題以外にも、カスパルスキー社のアンチウイルスソフトは、中国の瑞星社のアンチマルウェアソフト(マルウェアとは悪質なソフトウェアを指す)をウイルスと誤認、削除していたことが明らかになった。瑞星社のアンチマルウェアソフトは中国で最大シェアを誇る人気ソフトであり、カスパルスキー社は中国市場を軽視しているとして瑞星社は謝罪を要求している。

中国では海賊版ソフトの蔓延を背景に、ウイルスの被害は深刻。それだけにアンチウイルスソフトは必要不可欠だが、最近連続して発生した問題に、どっちがウイルスだかわからないと、ユーザの不信感は高まっている。
(2007.5.23/ Record China)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-23 19:55 | PC  

<< 運用状況に合わせて自在に伸縮で... 米国SNS市場、MySpaceが独走 >>