Google、検索の「今」が確認できる「Google Hot Trends」公開



 米Googleは5月22日、Google Trendsに新機能「Hot Trends」を追加、提供を開始したと発表した。Google Trendsは、検索ランキングのGoogle Zeitgeistを基に開発されたツールで、Google検索エンジンでの各キーワードの動向を確認できるというもの。今回追加されたHot Trends機能では、Google検索上で急速に注目を集めつつあるキーワード上位100件を、1日数回の頻度で提供する。


 ランクインした各キーワードをクリックすると、関連するブログやニュース記事、Webサイトへのリンクのほか、検索動向のグラフなども確認できる。

 Hot Trendsでは、「天気」や「ゲーム」「MySpace」など、常時検索件数の多いキーワードを並べるのではなく、過去の検索傾向と比べて著しく動きの大きいキーワードを独自のアルゴリズムで分析、ランク付けする。情報は1日に数回アップデートされるため、ほぼリアルタイムでの傾向を確認できるとしている。また、過去のランキングについても日付を指定して確認できる。

 Googleでは併せて、Google Trendsに「サブ地域」でのランキング表示機能も追加した。Google Trendsでは従来、各キーワードの傾向を国別および都市別で表示していたが、「サブ地域」の追加により、たとえば米国では州別の傾向が確認できるようになった。

 Hot Trends機能は現在、米国内の検索クエリーを対象に、英語版のみの提供となっている。Googleでは、将来的には「国際バージョン」の展開も行いたいとしている。
(2007.5.23/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-23 19:51 | インターネット総合  

<< ACCESS、ソフトバンクモバ... NTT東西のひかり電話、午前6... >>