チタンボディ、フラットスライド、VGA+HSDPA、Windows Mobile 6など12+1モデル─ソフトバンクの夏モデル

 ソフトバンクモバイルは5月22日、2007年夏モデル12機種を発表した。春モデルの発表時に開発表明した「805SC」を合わせると13機種となる。


 今回発表された新モデルは12機種中6機種、実に半数がシャープ製端末となっている。メニューやメールの横表示が可能になった3インチワイドVGAディスプレイ搭載の新AQUOSケータイ「912SH」、ディスプレイ部にセンサーキーを備えたフル画面デザインが特徴の「FULLFACE 913SH」、2.4インチVGAディスプレイを採用するHSDPA対応機「814SH」「815SH」、HSDPA対応のスリムでコンパクトなスライド端末「816SH」、ソフトバンク春モデルの「812SH」をベースに使いやすさを追求した「GENT 812SH s」を用意する。

 シャープの次に機種数が多いのが東芝だ。メタリックな回転2軸ボディにワンセグを搭載した「912T」、厚さ12.6ミリのスリムボディにチタン素材を使用した「814T」、背面パネルに加え、インナーシートも好みに変更できるトータルコーディネートケータイ「fanfun 815T」、3GSM World Congress 2007で国内発売をアナウンスしていたWindows Mobile 6 対応端末「X01T」の4機種を投入する。

 パナソニック モバイルコミュニケーションズからは、国内初となるスライド端末「810P」が登場し、HTCはWindows Mobile 6 搭載機「X02HT」を投入。このほか、2007年春モデルとして発表されながら、まだ発売されていないSumusung電子製の薄型ワンセグ端末「805SC」の詳細も明らかになっている。

 そのほか、共通API指向型のプラットフォームを導入していくことが明らかになった。名称は「POP-i(ポパイ)」。賛同団体はシャープ、東芝、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、日本電気、サムスン電子などの既存端末製造メーカーと、ACCESS、アプリックス。

(2007.5.22/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-22 17:25 | 周辺機器  

<< “スカウター”デザインの新型眼... PCを通話ツールに――Int... >>