EXILIMにウォークマン、防水ワンセグなど15機種――auの2007年夏モデル



 KDDIは5月22日、今夏発売の新モデル15機種を発表した。今回の新モデルは、デジタル家電の人気ブランドを冠したモデルや、防水ワンセグ、スリムケータイがラインアップされた。


 ブランドケータイとして、5.1メガの手ブレ補正付きカメラを搭載したカシオ計算機製の“EXILIMケータイ”「W53CA」や、2Gバイト内蔵メモリと高音質化技術「クリアオーディオテクノロジー」を備えたソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の“ウォークマンケータイ”「W52S」の2モデルが登場する。

 また、三洋電機製の「W53SA」とカシオ計算機製の「W52CA」は、高いデザイン性と防水性能を併せ持ち、お風呂やキッチンなどの水回りでも通話やメール、ワンセグ視聴が可能だ。

 ワンセグとデジタルラジオに両対応する機種は、東芝製のスリムなハイスペック端末「W54T」と、薄型テレビ「Wooo」の液晶技術を採用した日立製作所製端末「W52H」の2モデル。くさび形のスリムボディの東芝製「W53T」、スリムでエレガントな回転2軸ボディのシャープ製「W52SH」、ディスプレイ付近に映り込み処理を施した三洋電機製「W52SA」がワンセグを搭載する。


 そのほかWIN端末として、アクセサリー感覚で着せ替えできるパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の「W52P」、100種以上のStyle-Upパネルを用意した着せ替えケータイ「W53S」、ベストセラーとなった「W44K」のマイナーチェンジモデル「W44K II」をラインアップ。さらに1X端末として、GLOBAL PASSPORTと海外データローミングに対応した「A5527SA」、「でか文字」や「でか着信音」など8つの“でか機能”を搭載したスリムなフレンドリーケータイ「A5526K」、聞き取りにくい音を聞き取りやすくする「はっきり通話機能」や音声読み上げ機能を備える“簡単ケータイ”「A5528K」を発表した。

 なお、1月16日に発表された春モデルに続き、今回も高速通信規格「EV-DO Rev.A」に対応する端末は登場しなかった。
(2007.5.22/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-22 15:10 | 周辺機器  

<< PCを通話ツールに――Int... ルネサス、新CPU開発に着手-... >>