吉と出るか凶と出るか--マイクロソフト史上最大aQuantiveの買収




 aQuantiveとはどういった企業か。大半の消費者は、Microsoftが同社史上最高額を投じて買収した同社の名前さえこれまで聞いたこともないかもしれない。

 しかし、同社はオンライン広告業界では有名な企業で、Microsoftがコストを度外視して切望していた広告配信技術をいくつか提供できると、業界の一部専門家は語っている。

 Microsoftは米国時間5月18日午前に、aQuantiveを買収することを明らかにし、60億ドルという買収額で多くの観測筋を驚かせた。この額は、同社がこれまで買収してきたほかの企業各社の3倍であり、aQuantive株の17日の終値に対して85%のプレミアムがついた価格である。また、Googleが4月にDoubleClickを買収することで合意した金額の2倍にあたる。aQuantive株は買収発表後におよそ80%上昇した。

 以前はMerrill Lynchで合併買収を担当しており、現在はFoundation CapitalのゼネラルパートナーであるCharles Moldow氏は、「かなりのプレミアムだ。既存の(広告)トラフィックを補い、これらの機能を市場に投入できると考えた彼らが、それを手早く実現する方法はこれしかない、と考えたのかもしれない。ほかに急ぐ理由は見あたらない」と述べた。

 エンターテインメントや情報入手を目的にウェブを利用する人が増えるなか、収益性が高く、成長が継続する見通しのこのオンライン広告市場で企業各社がシェア拡大を目指し、ここ最近この業界で買収が次々に行われてきた。GoogleがDoubleClickを買収すると発表し、その後にYahooもネット広告取引所のRight Mediaを6億8000万ドルで買収すると発表している。先週に入ってからは、WPP Groupが広告配信会社の24/7 Real Mediaを6億4900万ドルで買収する計画を発表した。Microsoftも、24/7 Real Mediaと買収交渉を行っているとうわさされていた。

 Moldow氏は、「稀少価値があることは明らかだ。独立企業として最後に生き残ることがよい場合もある」と語っている。


 Outlook VenturesのマネージングディレクターであるRandy Haykin氏によると、MicrosoftによるaQuantiveの買収は、AOLが3年前にオンライン広告ネットワークのAdvertising.comを4億3500万ドルで買収して始まった合併統合の波に対する「防衛策」だという。

 同氏は、「検索/ポータル企業と広告ネットワークの間でこのような『垂直的合併』が発生することは、数年前はだれにも想像できなかった。Googleによる広告市場の独占がこの一連の流れを生み出したのだと思う」と語っている。

 aQuantiveはワシントン州シアトルを拠点とし、Microsoft本社のあるレドモンドとはそれほど離れていない。同社はホールディングカンパニーであり、広告仕入および管理ツールの「Atlas Media Console」、ユーザー行動に合わせた広告の仕入と再販を行う「Drive Performance Media」、McDonald'sやNike、Microsoftを顧客に抱えるクリエイティブエージェンシー/広告ブローカーの「Avenue A | Razorfish」を傘下にしている。

 Cantor FitzgeraldのアナリストであるDerek Brown氏は、「aQuantiveは、ネット広告業界でかなり大きな存在感のあるベンダーだ。デジタルメディアバイヤーのなかで、最大もしく有数の規模を誇る1社だ」と語っている。

 Atlas Media Consoleを使うと、広告主が広告キャンペーンの仕入れや管理をウェブサイトで行えるようになる。Brown氏は「これは、Google、Yahoo、Microsoft、そして多くのサイトをはじめ、ウェブ全体で展開される広告への参入の土台をMicrosoftに提供する。歴史的に、Microsoftはこのようなものを持っていなかった。しかも、これは新しい収益の流れを生み出す」と語っている。

 Microsoftのプラットフォームおよびサービス事業部を統括するKevin Johnson氏によると、オンライン広告市場の世界規模は現在400億ドルとされ、今後数年は毎年最低20%は成長する見込みという。

 同氏は、「われわれは、大規模な広告ビジネスの構築に深く関わり、最大の努力を行っている。将来のサービスを支える収益機能に対する今回の投資は重要な意味を持つ。われわれは会社として戦略的な手だてを講じていた。今後は、ソフトウェアにサービスをプラスする概念への転換をさらに進める。ネットワークのエッジ部分で運用するインテリジェントなデバイス上のソフトウェア製品を、ネットワーク経由で配信するサービスによって補完する。これらのサービスの多くはオンライン広告で収益を確保することになる」と語っている。

 DenuoのシニアバイスプレジデントであるTim Hanlon氏によると、オンライン広告関連のほかの統合と同じように、利害の衝突を回避しようとすればMicrosoftは課題に直面するという。Denuoは、広告代理店であるPublicis Groupeのコンサルティング事業部の1つ。提案されているMicrosoftとaQuantiveの合併は、広告主向けに広告スペースを購入するメディアエージェンシー、広告配信技術プロバイダー、そしてMSNのスペースを販売するベンダーを1カ所にまとめ、広告スペースの売買が同一社内で完結するようになると、同氏は語っている。

 Hanlon氏は、「同じ企業の一部となった彼らの中には、特定のソフトウェア、ハードウェア、あるいは技術に対し、制度的もしくは内部的な偏見を持って集まっているものもいるため、もし自分がマーケティング担当者だったら代理店選びにはかなり慎重になる必要がある。これらの衝突が原因となって、何が同社に残り、何がスピンアウトされて売却されるのかはまだ分からない」と語っている。

(2007.5.21/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-21 15:46 | インターネット総合  

<< MS、マッシュアップなWebデ... Windows VistaのO... >>