Windows VistaのOfficeパッチ導入に不具合




 Microsoftの5月の月例パッチの一部が、Windows VistaとOffice 2007を搭載したシステムにうまく適用されない不具合が見つかった。Microsoftは5月18日、Microsoft Updateの検出ロジックを変更してこの問題に対処している。

 不具合が発生しているのは、Microsoftが5月8日にリリースしたパッチのうち、Office 2007に関連する「MS07-023」と「MS07-025」の2件。Microsoft UpdateかMicrosoft Windows Server Update Services (WSUS)経由で自動更新している場合、Windows Vista搭載システムにパッチが提供されなかったり、パッチのインストールがうまくいかないことがあるという。

 Microsoftはこの不具合を解消するため、パッチ検出のロジックを変更した。Windows VistaでOffice 2007を使っているユーザーや管理者は、パッチが提供されたらインストールしてほしいと促している。

 ただ、パッチ自体のバイナリに手を加えたわけではないので、Microsoft Updateを使って既にインストールできている場合は、再度アップデートが提供されることはないという。
(2007.5.21/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-21 15:45 | PC  

<< 吉と出るか凶と出るか--マイク... 企業 Blog、全体の1割強に... >>