NEC、UP-UX対応のブレードサーバの新モデル発売


 NECは14日、デュアルコア(コアが二つ)のアイテニアム2(インテル製CPU)を搭載し、基本ソフト(OS)がUP―UXに対応したブレード(基板型)サーバの新モデル「NX7700i/5010B―4」を発売したと発表した。CPUを最大2個搭載可能で、データベース(DB)の処理などに高い性能を発揮する。価格は79万2000円から。

 リナックスやウィンドウズに対応したデュアルコアジーオン搭載の「エクスプレス5800」との混載が可能。ブレード筐体内のLANスイッチやファイバーチャネルスイッチを共有し、基盤ソフト「シグマシステムセンター」による高度な統合管理が実現する。
(2007.5.19/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-20 14:35 | PC  

<< クレムリン・露政府 エストニア... 世界のIT投資マインド、日本が... >>