2006年、日本の違法コピー率は25%と減少 (BSA)




 米ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は5月15日、全世界および各国、地域における2006年1月から12月までのコンピュータ・ソフトウェアの違法コピー状況を調査した「第4回世界ソフトウェア違法コピー調査」の結果を発表した。この調査は、BSAがIDCに委託したもの。調査結果によると、違法コピーによる全世界の2006年の損害額は、前年よりも50億ドル以上増加した。本年度の調査対象となった102ヶ国のうち62ヶ国では違法コピー率が緩やかに低下したものの、13カヶ国では上昇した。

 日本における2006年の違法コピー率は、前年比3ポイント減の25%と世界で3番目(昨年10番目)に低いものとなった反面、同損害額は約17.8億ドル(約2,140億円)で、世界ワースト5位(昨年7位)という結果になった。また、全世界の違法コピー率は3年連続35%、同損害額は前年比15%上昇し約400億ドル(約4兆8,000億円)であった。
(2007.5.18/Scan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-18 17:26 | PC  

<< Blog なしに直接 RSS ... 「iTunes Store著作... >>