NTT東「フレッツ」「ひかり電話」で広範囲に通信障害




 NTT東日本は5月15日夕方から、ネット接続サービス「フレッツ」と、IP電話「ひかり電話」が一部で利用できない状態になっている、と発表した。ひかり電話は「110番」「119番」など緊急通話も通じない状態で、順次復旧作業を行っている。【記事更新】

 原因など詳細については「調査中」としている。IP伝送装置の送受信部分をリセットすれば復旧することが判明したため、午後9時ごろから復旧作業に入った。

 障害は午後6時44分ごろに発生。Bフレッツ約119万契約、フレッツADSL約150万契約、フレッツISDN約16万契約、ひかり電話約59万契約で影響が出ている。

 地域別では、千葉、埼玉、神奈川は通じているが、それ以外の北関東と北海道、東北、甲信越14都道府県で障害が起きている。東京は23区以外のユーザーの一部に影響が出ている。
(2007.5.15/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-16 04:42 | インターネット総合  

<< 国産検索エンジン、官民開発体制が船出 コンパクトデジカメに高額化の波... >>