Windows UpdateでPCが高負荷になる問題MSが技術情報を公開



 マイクロソフトは11日、Microsoft UpdateまたはWindows Updateを実行した場合、CPU使用率が高い状態になる問題が発生することがあるとして、技術情報を公開した。マイクロソフトでは対処法として、「更新プログラム927891」と「Windows Update Agent 3.0」をインストールすることを挙げている。

 この問題は、Windows XPおよびWindows Server 2003で、Microsoft UpdateまたはWindows Updateを行なった際に、エラーコード0x8DDD0009が表示されアップデートに失敗することや、CPU使用率が高い状態となりアップデートが長時間完了しないといった現象が発生するというもの。

 マイクロソフトではこの問題の回避策として、更新プログラム927891とWindows Update Agent 3.0をダウンロードしてインストールすることを挙げている。Windows 2000の場合には、Windows Update Agent 3.0のみをインストールすることとしている。

 また、Windows 2000については、アップデート用のインフラ側の問題により、誤って過去の更新プログラムのインストールが要求されるという現象が発生していたが、マイクロソフトによれば既にこの問題は解消したという。
(2007.5.11/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-12 22:33 | インターネット総合  

<< クロスメディア時代にテレビ局が... Amazon、タグをサポートし... >>