<不正アクセス>福島の研究機関に 迷惑メール10万通配信




 福島県は11日、県の研究機関「ハイテクプラザ」のメールサーバーに何者かが不正接続し、迷惑メール約10万通が同プラザのサーバーを経由して外部に配信されたと発表した。迷惑メールの大半は、あて先不明で戻ってきた。外部からの接続を拒否するセキュリティーシステムに設定ミスがあったとみられる。

(2007.5.11/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-12 09:39 | インターネット総合  

<< 米グーグル、ソフトウエア事業に... Palmの新スマートフォン「T... >>