ルー大柴再ブレーク 今なぜ「ルー」なのか




 インチキ英語でマシンガントークをかますギラギラ顔のルー大柴(53)が再浮上している。ルーのファンは「ルーマニア」と呼ばれ、ネット上には「ルー語」の変換サイトまで登場する人気。アノ男がなぜまた?
 そもそものきっかけは、本人のブログ「TOGETHER」。「レイトゥリー、私にボイスを掛けてくれるピープルが増え、“変装してるのにWhy?”とアスクしたくなる」といった感じで、トーク同様に英語もチャンポン。どうにも読みづらいのだが、若者はそこにハマったようだ。
「ルーの全盛期を知らない若い世代に、このムチャクチャな文体がウケているんです。ブログのアクセス数は、20代を中心に月間18万件以上。読みづらさがポイントで、いわばギャル語のオヤジ版ですね」(ワイドショースタッフ)
 開店休業状態を脱し、4月から本格始動。NHK「みんなのうた」では「MOTTAINAI~もったいない」をラップ歌手とデュエットし、CDをリリース。自伝「ルー炎上!」(マガジンハウス)も出版した。
「ルーは数年周期で出て来るタレントではあるんですが、今回は“濃い顔ブーム”にうまく乗った。放送中のドラマ『バンビ~ノ』がいい例で、出演者は嵐の松本潤、市村正親、北村一輝。テレビは濃いオトコを積極起用しているんです。ただ、ルーは顔と芸風の濃さで飽きられやすく、たいてい半年ほどで沈んでいきますが……」(芸能リポーター)
 虎視眈々と狙っているNHK紅白歌合戦の選考まで持つのか。
(2007.5.10/日刊ゲンダイ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-10 21:44 | インターネット総合  

<< 返信しないと殺す――詐欺メール... Skype3.2リリース Gm... >>