“Google マップ”との連携機能を搭載した「Google Earth」v4.1のβ版が公開






 米Google Inc.は9日(現地時間)、3D地図ソフト「Google Earth」v4.1のβ版を公開した。Windows 2000/XP/Vistaに対応しており、個人かつ非商用に限り無償で利用可能。現在、同社のホームページからダウンロードできる。

 本バージョンではツールバーに[Google マップで表示]ボタンが追加された。クリックすると既定のWebブラウザーで“Google マップ”のページを開き、本ソフトで表示中の場所を表示することができる。

 また、現在表示中の場所を、本ソフト起動時に表示する“スタート地点”として登録する機能が追加された。スタート地点には“お気に入り”からアクセスすることもでき、登録時の縮尺や地図の傾きも再現される。そのほか、起動時に便利な使い方などのTipsが表示されるようになった。
(2007.5.10/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-10 21:42 | インターネット総合  

<< Skype3.2リリース Gm... 「Twitter」風サービス、... >>