「Twitter」風サービス、国内ベンチャーから続々




 ユーザーが今何をしているかを短いテキストで入力し、ユーザー同士で交流する「Twitter」のようなサービスを、国内ベンチャーが開発している。

 ドラゴンフィールドは「もごもご」α版を、ナノティは「タイムログ」α版をこのほど公開した。ライブドアの新ブログサービス「nowa」にも同様な機能が実装されている。

 もごもごは、投稿されたひとことテキストにコメントを付ける機能や、アクセスしてきたユーザーの最新メッセージを表示する「足あと」機能、趣味などをキーワードとして登録しておくと、同じキーワードを登録している人とリンクできる機能など装備した。

 タイムログは、ひとことテキストにタグを付けて分類・整理する機能や、いつまでに何をするかを時間指定でメモできる「ToDoリスト」、良かったことや新発見などを投稿する「Good&New」、気になるURLを投稿するブックマーク機能などを備えた。

 米Obviousが運営するTwitterは、「出社した」「ご飯食べてる」「帰宅した」など、ユーザーが今の状態をひとことで書き込み、友人と共有できるサービス。SNSの日記やブログよりも気軽に更新できる点が受け、国内でも人気を集めている。
(2007.5.10/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-10 11:08 | インターネット総合  

<< “Google マップ”との連... Red Hat、『Red Ha... >>