アラームが鳴り始めると転がって逃げる目覚まし時計「Clocky」




どうしても起きられない…という方におすすめの目覚ましをご紹介。

Nanda Home の Clocky という目覚まし時計である。なんとこの目覚まし時計、アラームが鳴り始めると転がりはじめ、ベッドの下や部屋のすみに行ってしまうのだ。

つまり、アラームを止めるにはベッドから起きてそれを追いかけなくてはいけないのだ。これなら追いかけているうちにちょっとは目が覚めるだろう。

起きられない、という悩みは忙しい現代人にとってはきわめて重要な問題だ。あなただったらどういうクリエイティブなガジェットを思いつくだろうか。
(2007.5.7/ japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-07 19:09 | 周辺機器  

<< アナログ放送終了の時期、6割が... Second Life人口、欧... >>