デビッド・ボウイ、eBay、YouTubeがWebby賞受賞







 インターネットのアカデミー賞とも称される、優れたWebサイトを表彰する第11回Webby賞の受賞者が5月1日、発表された。今年はWebサイトに加え、新たにオンライン映画とビデオ、インタラクティブ広告、モバイルコンテンツの新カテゴリーが加えられた。International Academy of Digital Arts and Sciencesが、毎年受賞者を選んでいる。


 今年「Webby Lifetime Achievement」を受賞したのは、ロックアーティストのデビッド・ボウイとオークションサイトeBay。

 「Webby Person of the Year」には、YouTube共同創始者のスティーブ・チェン氏とチャド・ハーリー氏が選ばれた。また新設された「Webby Film and Video Awards」の「Best Actor and Actress」のカテゴリーでは、オンラインコメディ「Ask a Ninja」サイトの「Ninja」、創作ビデオ日記で一躍注目を浴びた「lonelygirl15」のジェシカ・リー・ローズさんが表彰された。

 Webby賞のカテゴリーは約70分野にも及び、ポッドキャストではNPR、小売りサイトではNike、ビジネスブログではNew York Timesの「Dealbook」などが受賞。またSNSではFacebookがWebby People's Voice賞、モバイルコンテンツではAsk Mobileなどが選ばれた。

 授賞式は、Webby Film & Video Awardsは6月4日、第11回Webby賞は5日にどちらもニューヨークで催される。
(2007.5.2/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-02 17:54 | インターネット総合  

<< 薄型TV 好調デジタル支える Joost正式スタート、コンテ... >>