海外での特許利用訴訟、米マイクロソフトが勝訴・米最高裁で

米AT&Tがマイクロソフトを相手取り、海外での特許侵害の賠償を求めていた訴訟で、米最高裁判所は30日、AT&T側の主張を退ける判決を下した。AT&Tは、マイクロソフトの基本ソフト「ウィンドウズ」が音声圧縮技術に関連する米特許を侵害していると主張。米国外で製造されているウィンドウズ搭載パソコンすべてが特許侵害の対象になるとしていた。
(2007.5.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-01 12:27 | PC  

<< グーグル、「Personali... IT各社、「コンピュータークラ... >>