IT各社、「コンピュータークラスター」販売強化


 IT(情報技術)各社が、複数のコンピューターを接続してスーパーコンピューター並みのデータ処理性能を持つ「コンピュータークラスター」システムの販売を強化する。電通国際情報サービスとマイクロソフト(MS)日本法人は製造業向けのクラスターを販売、日本ヒューレット・パッカード(HP)は専門販売員を増員する。自動車や家電開発に必要な解析作業を低コストで効率化できる点を売り込んでいく。

 電通国際とMS日本法人はアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)日本法人と組みクラスターを4月に販売を始めた。自動車の衝突解析や製造物の構造や熱伝導などを解析できるソフトとMSのクラスター用基本ソフト、AMD製中央演算処理装置(CPU)を使ったサーバーを組み合わせて提供する。

 日本HPは今春、クラスターの販売推進部隊を従来比倍増の30人体制にした。住商情報システムなどと組んでHP製サーバーを使ったクラスターを販売。07年度は前年比2割増の売上高を目指す。(2007.5.1/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-05-01 09:23 | PC  

<< 海外での特許利用訴訟、米マイク... 「検索ランキング至上主義による... >>