3.1インチワンセグ、3インチWVGA+HSDPA、タッチパッド、体感ゲーム、スリム&小型──ドコモ夏モデル発表





 NTTドコモは4月23日、2007年夏モデルとなる「FOMA 904i」シリーズ5機種を発表した。



 ハイエンドモデルの904iシリーズとして、モーションセンサー搭載のスリム&スライド端末「D904i」(三菱電機製)、3.1インチディスプレイとワンセグ、ヨコモーションを採用する「F904i」(富士通製)、3インチワイドVGAディスプレイを採用するHSDPA対応機「N904i」(NEC製)、進化したカスジャケとBluetooth、スリムでコンパクトな「P904i」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、タッチパッドデバイスとアクオスの映像技術を盛り込んだ3インチワイドQVGAディスプレイ搭載の「SH904i」(シャープ製)の5機種を用意する。

 ドコモの夏モデルは従来、「FOMA 90xiS」となる前年冬モデルのリニューアル版という位置付けだったが、今回は型番の末尾が繰り上がったメジャーバージョンアップモデルとして登場。製品コンセプトや仕様が大きく進化している。

 904iシリーズに共通するスペックは、

・2.8インチ以上の大型ディスプレイ
・320万画素以上のAFカメラ
・フルブラウザ
・定額制音楽配信サービス「うた・ホーダイ」対応
・2つの電話番号とメールアドレスを1台の端末で使える「2in1」
・Windows Media Audio、Napsterサービス対応
・10Mバイトiモーション、ビデオクリップダウンロードサービス対応
・GPS

 など。


 端末を振る/傾ける/指でなぞることでゲームやブラウザ、音楽、メールなどの操作が行える「モーションコントロールセンサー」(D904i)や、モーションセンサーあるいはカメラを通じて傾きや動きを認知して直感的にゲームを楽しめる「直感ゲーム」(D904i、P904i、SH904i)、PCのトラックパッドのようになぞって操作できる「TOUCH CRUISER」(SH904i)、デザインだけでなく端末の骨格まで変化する「新カスタムジャケット」(P904i)、「ワンセグ」(F904i)、「HSDPA」(N904i)など、機種によって異なるさまざまな特徴もポイントだ。

 「うた・ホーダイ」は904iシリーズで新たに対応する目玉サービス。WMA対応携帯で利用できる定額聴き放題の音楽配信サービス「Napster」と同様に、定額性の音楽配信サイトから楽曲を自由にダウンロードして楽しめる。洋楽が多い“Napster To GO”に加え、着うたフルが定額聴き放題になることで、邦楽ファンも楽しめる定額ラインアップが揃うことになる。なおWMAとNapsterサービスも904iシリーズ全機種で対応するようになった。

 新たに開始する「2in1(ツーインワン)」もポイントの1つ。メイン契約以外にもう1つ、電話番号やメールアドレスを月額945円(税込み)で所持できるサービスとなる。1つの端末において、例えば仕事用とプライベート用などで電話番号とメールアドレス、アドレス帳、待受画面を切り替えながら使用できる。2in1の追加番号は1契約として換算される仕組みとし、仕事とプライベートでの分別はもちろん、メーリングリスト用途やメインの電話番号を知られたくない場合などへの使用シーンも含めた、固定電話を所持しない層や女性層なども想定し、さらなる契約者増を図りたい考えだ。

 また、従来はHSDPA対応機種(F903iX HIGH-SPEED、P903iX HIGH-SPEED)に対応していた、大容量10Mバイトのiモーション「ビデオクリップ」が904iシリーズの全機種に対応。QVGA(320×240ピクセル)/H.264コーデックのリッチコンテンツを、ダウンロードして楽しめる。

 このほか、DCMXのゴールドカードサービスも開始されることが明らかになった。

 発売は2007年5月下旬から6月中旬を予定。
(2007.4.22/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-23 20:54 | 周辺機器  

<< みずほ銀行が携帯サイト 新社会... nanacoとWAON、どっち... >>