経産省がIT投資効率化で報告書


 経済産業省はIT(情報技術)を活用して企業の生産性向上を加速させるための報告書をまとめた。電機や携帯電話といった業界ごとに、非中核分野でIT投資の共通化を進めてコストを減らす一方、経営資源を競争の激しい中核分野に集中させるよう促している。

 報告書は自動車業界でブレーキやエンジンを制御する基盤ソフトの共同開発が進んでいる例を挙げ、他の業種での協力拡大を訴えた。こうした取り組みには政府が資金支援を検討することも盛り込んだ。

 経産省は「非中核事業のIT投資に必要以上にコストをかけると、日本企業の国際競争力や生産性の低下を招きかねない」と懸念している。(2007.4.22/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-22 13:07 | インターネット総合  

<< nanacoとWAON、どっち... アフィリエイト「アクセストレー... >>