NTTデータ、携帯電話向けの健康情報管理サービス実験


 NTTデータは17日、携帯電話向けの健康情報管理サービスの実験を始めたと発表した。利用者が体重や血圧の数値を入力すると、表やグラフでデータの変化を管理できる。持ち歩く時間が長い携帯に対応することで、若者や主婦などの利用者を開拓する。

 実験を始めたのは「クリエイティブヘルス携帯版」。体重や血圧、体温、睡眠時間、歩数などを入力して携帯サイト上で健康管理する。歩数に応じてポイントがたまり、健康グッズや商品券と交換できるようにしてサイトの利用継続を促す。3キャリアに対応する。NTTドコモの高齢者向け携帯「らくらくホン」は歩数計機能があるため、利用者がその機能を使って計測した歩数を同サイトに自動的に登録できるサービスも提供する。(2007.4.18/日本経済新聞
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-18 09:24 | インターネット総合  

<< 中国当局「百度日本」への中国か... Opera 9.2の新機能「ス... >>