YouTubeにまもなくフィルタリングサービスを導入--グーグルのシュミットCEOが発言



Googleの最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は米国時間4月16日、動画共有サイトYouTubeに著作権で保護されたコンテンツがアップロードされることを防ぐため、まもなくフィルタリングシステムを導入する計画だと発言した。

 Schmidt氏は当地で開催されているNAB 2007カンファレンスのセッションに参加し、NBC Nightly Newsへの出演などで知られるジャーナリストのJohn Seigenthaler氏からインタビューを受け、計画を明らかにした。

 新システムの名は「Claim Your Content」。著作権で保護されたコンテンツを自動識別すると、Schmidt氏は述べる。

 「システムを導入する日は非常に近い」(Schmidt氏)

 フィルタリングシステムは2006年にYouTubeで導入されるはずだった。システム導入が遅れたことは、映画やテレビ業界の幹部を驚愕させた。NBCやViacomは、ユーザーがYouTubeに映画やテレビ番組を無許可でアップロードしていることに対し、防御手段を講じることを怠っているとして、Googleに抗議している。GoogleはYouTubeを2006年10月に16億5000万ドルで買収している。

 YouTubeでプロの作品を公開すれば大きなトラフィックを得られることから、Googleはわざと対応を遅らせているのだと非難する幹部さえもいた。Viacomは3月、YouTubeが大規模な著作権の侵害を行っているとして、10億ドルの損害賠償を求める訴訟を起こした。

 Schmidt氏は「ああ、Viacomね。一緒にビジネスすることと、訴えられることの2つの選択肢があった。われわれは前者を選んだが、結局は後者の道を歩むことになってしまった」と述べた。

 また同氏は、GoogleのDoubleClick買収が公正な競争を阻害すると主張するMicrosoftなどに反論した。Microsoft以外にもYahoo、AT&Tなど複数の企業が、規制当局に精査を促している。


 Seigenthaler氏がMicrosoftの表明した懸念に対する感想を尋ねると、Schmidt氏は「Microsoft?」と、このことを初めて聞いたかのような素振りを見せた。

 Googleの規模や、ウェブ上のプライバシー問題に対してMicrosoftも懸念を表明したとSeigenthaler氏に説明されると、Schmidt氏は再度「Microsoft?」と述べた。

 Schmidt氏はまじめな顔つきになり、「Microsoftの申し立ては明らかに見せかけだ。Microsoftはわれわれが競合相手だから、そのような主張をしていると考えるほうが自然だ」と述べる。

 Seigenthale氏は以前、ラジオやテレビ業界の多くの人が、従来メディアの広告事業にGoogleが参入することを恐れていると指摘している。

 Googleは16日、米国最大のラジオネットワークであるClear Channel Radioと広告販売で提携したと発表している。

 Googleは従来メディアの広告を販売しようと事業を拡大してきたが、Schmidt氏はGoogleがラジオ、テレビ、新聞業界にとって脅威であるとの見方を否定した。テレビやラジオの広告収入は横ばいの状況にあるため、新しい広告主を呼び込む必要があるというのが、同氏の考えだ。もちろん、同氏はGoogleがその手助けをすることも、忘れずに付け加えた。

 「Googleは新しいサービスであり、既存のラジオやテレビに取って代わることはない」と同氏は述べる。「Googleは、ラジオやテレビの成功に貢献する広告ビジネスを擁していると、わたしは自負している」(Schmidt氏)
(2007.4.17/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-17 19:57 | インターネット総合  

<< 究極の“お子様ランチ”発表――... Skypeユーザーをターゲット... >>