IIJ、ネットワーク一元管理サービスの機能を大幅拡張



 インターネットイニシアティブ(IIJ)はネットワークの設定から保守までを一元的に管理する「SMF sxサービス」を大幅に拡張する。権限別メニュー機能やトラフィック(データ量)グラフ表示機能、同サービスで構築した仮想私設網(VPN)に遠隔地からアクセスできる機能などを追加し利便性の向上を図る。

 権限別メニュー機能は運用管理担当者ごとに管理用ウェブ画面の操作権限を設定でき、誤操作防止につなげられる。トラフィックグラフ表示機能は、ルーターなどのネットワーク機器ごとのデータ量を過去24時間分または同30日分参照できる。

 また同サービスの対応機器として、新たにセンチュリー・システムズ製機器を追加し利用者の選択の幅を広げる。

 機器の故障時にIIJの指定業者が利用者の拠点に駆けつけ、交換作業を行うサービスも始める。(2007.4.16/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-16 11:30 | インターネット総合  

<< パッチ直後に相次いで……Win... 東芝、映像音楽ソフト事業から完... >>