米グーグル、ネット広告大手・米ダブルクリックを買収



インターネット検索最大手の米グーグルは13日、米ネット広告サービス大手のダブルクリックを買収することで合意したと発表した。

 買収額は31億ドル(約3700億円)で、昨年の米動画投稿サイト大手ユーチューブ買収(16・5億ドル)を大きく上回り、グーグルにとって最大の買収案件となる。

 グーグルは、米投資会社ヘルマン・アンド・フリードマンなどダブルクリックの株主から全株式を年内に現金で買い取る。

 ダブルクリックは1996年に創業され、ウェブサイトの一角に貼り付ける「ディスプレー広告」の配信・管理業務が得意だ。一方、グーグルは検索キーワードに関連した「検索連動型広告」が得意で、買収によってディスプレー広告分野を強化する。ダブルクリックが持つ広告代理店や大口広告主との取引関係をグーグルの広告収入拡大に役立てる考えだ。
(2007.4.15/読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-15 09:17 | インターネット総合  

<< 中国網通、日本に進出 Wii:国内200万台突破 1... >>