2月の携帯・PHS出荷、11カ月ぶりに500万台超す

 電子情報技術産業協会(JEITA)が12日発表した2月の携帯電話・PHSの国内出荷台数は前年同月比1.6%増の510万2000万台だった。500万台を上回ったのは昨年3月以来11カ月ぶり。各社が春商戦向けの新商品を発売したことで、需要が喚起された。

 携帯電話の出荷台数は1.3%増の493万1000台。KDDI(au)が携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」に対応した機種を大量に投入したほか、NTTドコモの薄型機種も好評だった。PHSは9.1%増の17万2000台で、6カ月ぶりに前年同月を上回った。(2007.4.12/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-12 19:54 | 周辺機器  

<< キヤノン、北京五輪にらみHDT... Live Search、検索式... >>