Live Search、検索式「link:」「linkdomain:」を中止 - 不正使用が多い為

Live Search、検索演算子 link:、linkdomain:、inurl:を停止。不正利用が多いため。




米Microsoft Live Search担当リードプログラムマネジャー・Eytan Seidman氏は2007年3月28日、公式ブログにて Live Searchで提供していた検索機能のうち任意のサイトの被リンク数を表示する link: と linkdomain: 、サイト数を表示する url: の検索式の利用を中止したことを明らかにした。


現在、Live Search で例えば link:www.sem-r.com と検索しても検索結果は表示されない。今回の機能停止についてEytan Seidman氏は、データマイニングを目的に大量のクエリが自動送信されるといった不正な利用が行われていたためと説明。ボットによる自動送信を排除し、正当なクエリを処理できるようにした上で機能を再開する予定。(2007.4.12/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-12 19:53 | インターネット総合  

<< 2月の携帯・PHS出荷、11カ... 「Skype 2.6 for ... >>