任天堂、Wii向けブラウザ「インターネットチャンネル」正式版を公開


任天堂は、家庭用ゲーム機「Wii」向けのブラウザ機能「インターネットチャンネル」正式版を4月12日に公開した。6月までは無料でダウンロードでき、7月以降はダウンロードにWiiポイント500ポイント(500円)が必要になる。

 インターネットチャンネルは、Opera Softwareのブラウザ「Opera」をWii向けにカスタマイズした専用ブラウザ。任天堂では機能を限定したインターネットチャンネルのお試し版を2006年12月22日に公開しており、正式版の公開は機能拡充を目的として当初予定の3月から4月中に延期していた。

 正式版では起動時間の改善が図られたほか、標準で検索機能を搭載。操作面では複数のリモコン操作や十字ボタンでのスクロールに対応し、一定倍率でページをズームする機能を搭載。「www.」「co.jp」といった定型文入力や、全角/半角文字入力の切り替えも改善が図られている。

 インターネットチャンネルの正式版は、Wiiのコンテンツ配信サービス「ショッピングチャンネル」からダウンロードできる。すでにお試し版をダウンロードしているユーザーは「受信済み」と表示されるが、詳細画面から「更新」を選択することで正式版にアップデートできる。ダウンロードしたインターネットチャンネルはその後継続して無料で利用できる。(2007.4.12/ impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-12 18:35 | インターネット総合  

<< auの「MEDIA SKIN」... 3月の米検索市場シェア、首位グ... >>