3月の米検索市場シェア、首位グーグルが64%超に=調査



3月の米国内ウェブ検索市場で、首位のインターネット検索大手グーグルのシェアが64.1パーセントとなり、2月の63.9パーセント、前年同月の58.3パーセントから拡大。2位のヤフーと3位のマイクロソフトを引き離した。 調査会社ヒットワイズが11日に発表した。
 同調査は、1000万人の米国内のウェブユーザーを対象に行われた。
 ヤフーのシェアは約21.3%、マイクロソフトは9.2%となり、いずれも前月からシェアを減らした。
 一方、オンライン利用状況調査会社コムスコア・ネットワークスによると、グーグルは2月、前月の47.5パーセントから48.1パーセントにシェアを拡大した。
 また、コムスコアが測定した同月のグーグルの世界市場でのシェアは、65.7パーセントだった。 (2007.4.12/ ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-12 18:33 | インターネット総合  

<< 任天堂、Wii向けブラウザ「イ... FON、国内アクセスポイント数... >>