ソニー、USB端子搭載の「ウォークマン E」シリーズがデザイン一新


 ソニーは11日、USB端子搭載のデジタルオーディオプレーヤー「ウォークマン E」シリーズの新モデルを発表。前モデルからデザインが一新され、Eシリーズでは最大となる4GBモデル「NW-E016」と、2GBモデル「NW-E015」、1GBモデル「NW-E013」の3モデルをラインアップ。4月21日発売。価格はオープンで、予想実売価格はそれぞれ20,000円、14,000円、11,000円。


 Eシリーズの特徴はUSB端子を搭載する点。パソコンなどにダイレクトに接続できるためUSBケーブルを持ち歩く必要もなく、充電やデータの転送が手軽に行える。充電については、パソコンとのUSB接続により3分ほどの充電で約3時間の再生が可能。また約1時間でフル充電が完了し、連続再生時間は最長約30時間。

 同社独自の技術「クリアオーディオテクノロジー」を搭載。イヤホンに音を出力する過程で、左右の音の混在を抑制。本来の左右のステレオサウンドをイヤホンに届けるという。低音を増強すると発生しやすい音のゆがみを抑える「クリアベース」機能も備える。

 ディスプレイにはカラー液晶を採用。曲名、アーティスト名、プレーモードの情報を3行で表示。CDのジャケット写真も鮮やかに表示するという。ATRAC/MP3/WMA/AAC/リニアPCM形式のファイルに対応(著作権保護されたWMA/AACファイルは再生不可)。13.5mm口径のカナル型イヤホン付属。ケーブル長は約40cm。イヤーピースはS/M/Lの3種類。約65cmの延長コードも付属する。本体サイズは幅83.1×高さ22.8×奥行き14.2mm。重さは約29g。カラーはNW-E016がブラック/バイオレット/ピンクの3種、NW-E015とNW-E013がブラック/バイオレット/ピンク/ブルー/ゴールドの5種。


 また、専用アクセサリー4製品も4月21日に発売される。ネックストラップ付きソフトキャリングケース「CKS-NWE010」の予想実売価格は2,500円、シャツやバッグなどに装着できるクリップ「CLP-NWE010」の予想実売価格は2,000円、本体を傷や汚れから守るシリコンケース「CKM-NWE010」の予想実売価格は2,000円。そのほか、スポーツ時の使用に適した強力クリップと、洗濯可能なアームバンドがセットになった「CKA-NWE010K」も発売。予想実売価格は2,500円。
(2007.4.12/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-12 10:04 | 周辺機器  

<< FON、国内アクセスポイント数... ウィルコム、W-ZERO3シリ... >>