新宿のスマートフォンcafeでほっとひといき――HTCカフェがオープン



 HTC Nipponは4月11日、新宿駅西口に同社製スマートフォンを体験することができる「HTC モバイルインターネットCafé」を開設した。国内でおなじみの端末だけでなく、海外モデルやコンセプトモデルも見ることができる。



 HTCは、Windows Mobile OSを採用するスマートフォンでは世界最大手のメーカー。国内では、NTTドコモ向けの「hTc Z」とソフトバンクモバイル向けの「X01HT」の2機種を展開する。HTC モバイルインターネットCaféでは、カウンターテーブルやテーブル席に「X01HT」が10台以上設置されていて、誰でも気軽に端末の操作やインターネットを楽しむことができる。

 また、海外で販売されているFMラジオ付き「M700」やQWERTYキーを持つ「P4350」、メッセージ操作を重視したデザインの「C720W」が展示されている。2月の3GSMで発表されたモデルでは、8GBのHDDとGPS機能を持つ「U1000」やテンキー仕様の「S310」、そして最新OSのWindows Mobile 6.0が搭載されるとみられる「S710」が国内初登場となった。

 マーケティング部の佐野由香シニアマネージャは、「これまでのスマートフォンユーザーは30代のビジネスマンが中心でしたが、最近では20代後半の女性ユーザーが急速に増えています」と話す。同社とソフトバンクモバイルでは、3月16日にX01HTのホワイトカラーを発売したが、この効果で男性一辺倒だったユーザー層が広がったとのことだ。

 HTC モバイルインターネットCaféは、4月30日までの期間限定オープンで、営業時間は午前7時~午後10時まで。午後12時半~午後8時半までは、同社スタッフがスマートフォンの操作を説明してくれる。
(2007.4.12/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-12 09:59 | インターネット総合  

<< マイクロソフトが4月の月例パッ... RSS リーダー「feedpa... >>