NTTレゾナント、検索結果の新たな表示方法で実証実験



 NTTレゾナント(東京都千代田区、和才博美社長、03・5224・5500)は5日、検索結果の新たな表示方法についての実証実験を始めたと発表した。まずページを遷移せずに最大1000件の検索結果を閲覧できる「スクロール検索」機能の提供を開始した。4月中にウェブ検索や画像検索、ブログ検索など複数の検索結果を一つの画面に同時表示する「gooミックス検索」機能の提供も予定する。

 一連の機能は実証実験用のサイト「gooラボ」(http://labs.goo.ne.jp/)で体験できる。4月以降も新たな表示機能の追加を予定する。

 スクロール検索機能は1000件の検索結果情報を一度に取り込むのではなく、画面をスクロールするごとに情報を取り込む方式とし、配信側のサーバや利用者のパソコンにかかる負荷を軽減した。ミックス検索機能では検索結果枠の並び替えや表示・非表示の選択を行える。
(2007.4.7/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-06 16:14 | インターネット総合  

<< ヤフー、約450万通のメールを... 携帯パケット通信、高額請求のト... >>