“WX320K+Opera”の魅力を紹介する「WX320K ブログ by Opera & Kyocera」開設






 京セラとオペラソフトウェアは4月5日、京セラ製のPHS端末「WX320K」とOperaサーバーサービスを含めたOperaブラウザの魅力をアピールするブログ「WX320K ブログ by Opera & Kyocera」開設した。URLは http://my.opera.com/wx320k/。



 このブログでは、PC用のサイトが閲覧可能な「Opera」を搭載したWX320Kと、同機種でのみ利用可能なオンラインストレージ、RSSリーダー、フォトアルバム、テキスト保存などの機能を提供する「Operaサーバーサービス」の魅力をアピールしていく。

 提供されるコンテンツとしては、WX320Kの各種機能やOperaブラウザの使い方、Operaサーバーサービスの活用方法を始め、カタログなどでは紹介しきれない特徴や機能を、企画担当者や開発陣のインタビューなどとともに紹介するものを予定。既存のWX320Kユーザーだけでなく、PHS端末の導入を検討している人にも関心が持てる内容を企画しているという。

 掲載期間は4月5日から6月までの3カ月間。オペラソフトウェアと京セラが交代で記事を掲載する。


(2007.4.5/ +D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-05 19:01 | 周辺機器  

<< 動画共有で CM を見るのは約... 企業のSkype利用で情報流出... >>