独自のプラグインに対応した「Lunascape4.2.0」ベータ版公開





 Lunascapeは4日、Webブラウザ「Lunascape4.2.0 Beta版」をリリースした。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me/98SE。

 Lunascape4.2.0 Beta版では、従来から対応していたInternet Explorer(IE)用のプラグインに加えて、Lunascapeオリジナルのプラグインが作成できる機能を追加。さらに、ワンクリックでプラグインが取り込める「ワンクリックプラグイン拡張機能」を実装した。

 このほか、Windowsログイン後からのLunascape初回起動時間の10%短縮、Windows XPでタブを閉じてもメモリが解放されない不具合を回避する方法の実装、定常状態における不要な処理の見直しによるCPU負荷の軽減などの改善を行なっている。

 また、Lunascapeでは2006年11月から実施してきたLunascapeのデザインコンテスト「ブラウザ・デザインコンテスト」の審査結果を公表。応募作品はLunascapeのサイトからダウンロード可能で、従来のデザインと合わせて50種類ののデザインが利用できるようになった。
(2007.4.4/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-04 20:02 | 周辺機器  

<< ネット広告大手ダブルクリック、... ウィルコムでも「mixiモバイ... >>