ネオジャパンが、大容量ファイルが楽に送受信できる高機能ファイル転送システムをリリース

株式会社ネオジャパンは、メールサーバの負荷をかけず、社内外の人が簡単に大容量ファイルの送受信ができるファイル転送システム「desknet's DAX EXTRA ダックスエクストラ」を、3月27日より出荷を開始した。
現在、インターネットのブロードバンド化に伴う画像データや音楽データなど、個々の大容量ファイルや、100MBのファイルを100名に同時に送るなど、メールサーバには大きな負担がかかるだけでなく、重要なメールのやり取りに支障をきたす結果となっている。「desknet's DAX EXTRA」は、送信するメールと送信するファイルを別々に送信する仕組み(送信するメールの内容はコメントのみが配信先へと通知され、配信先の相手は任意に大容量ファイルをダウンロードする)により、大容量ファイルを、任意または複数の相手に対して、安全で確実に届けられるシステムとなっている。
「desknet'sDAX EXTRA」は、Webベースなのでインターネット接続環境さえあれば、専用ソフトをインストールすることなく、ブラウザからファイルの送信、受け取りができる。管理者側でメール送信やダウンロードに関する制限の設定、ユーザーの管理を行える。また、ファイルのダウンロードは管理者が10回+無制限に設定することができ、管理者側で1ユーザーが使う容量を制限することができる。送信日時を指定して送ることも可能。あらかじめメール本文の雛形を登録しておくと、送る用途によって各雛形を選ぶだけでメール本文を書く必要がない。任意にパスワード設定ができ、パスワードは安全のためイメージ化してメール添付で送ることができる。

関連ページ:http://www.desknets.com/dax/ (2007.4.4/DoorBoys)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-04 11:48 | インターネット総合  

<< マイクロソフト、修正パッチ「M... 東芝EMI、DRMなし販売は「... >>