「ホワイトプラン」が300万契約を突破――ソフトバンクモバイル




 ソフトバンクモバイルは4月3日、同社の料金プラン「ホワイトプラン」の契約数が3月31日に300万件を突破したと発表した。1月16日のサービス開始から約3週間で100万件を突破、その後3月5日に200万契約を達成し月末には300万件まで契約数を伸ばした。

 ホワイトプランは月額980円という基本使用料金で、ソフトバンクの携帯電話同士であれば1時から21時までの通話が無料になるプラン。また、ソフトバンク間のメール(SMS/MMS)通信料もすべて無料で、ウェブ通信料は0.21円/パケットとなっている。これ以外の時間帯や他キャリア・固定回線への通話はすべて21円/30秒で、メールの送信・読出は3.15円から(全角128文字までの受信は無料)。

 さらに3月1日から提供開始したオプションプラン「Wホワイト」に加入すれば、月額980円の追加料金で10.5円/30秒で通話できるようになる。Wホワイトの加入数は3月31日段階で約42万件。

 ソフトバンクではホワイトプランを主力商品と位置づけており、TVコマーシャルなどの販売促進も活発。「新規加入者の多くがホワイトプランを選んでおり、既存ユーザーのプラン乗り換えも進んでいる。加入数増加のピッチが上がっており、販促の効果が出始めた結果では」(同社広報部)としている。
(2007.4.3/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-04 00:20 | 周辺機器  

<< 「エロサイト だまされない」で... 音声もできるだけ安く、課題はロ... >>