音声もできるだけ安く、課題はローミング交渉──イー・モバイルの千本会長




 3月31日、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの創業記念セレモニーに登場したイー・モバイルの千本倖生会長が、2008年に開始予定の音声サービスについてコメントした。イー・モバイルはNTTドコモからローミングを受けることで基本合意しており、ローミング期間が終了する2010年10月までに、自前のネットワークを整備する計画だ。

 具体的なサービス内容や料金はまだ決まっていないとしながらも、「イー・モバイルのエリア内はできたら定額にしたい。ローミングエリアについてもできる限り安い料金で、本当は定額でやりたい」(千本氏)とコメントした。

 その料金設定で課題となっているのが、ローミングのチャージだと千本氏。「ドコモとの交渉はフレームワークができただけ」と言い、現状、その枠組みの中では「従量制のタリフでチャージすることになっており、これでは何もできない。コストベースでやってもらいたい」と訴えた。

 「既存業者のローミングは世界であまり例がなく、それは評価できる。ただ新規参入にフェアな相互接続を提供するべき。そうしないと、日本の消費者は結局、高い料金を払わざるを得ない」(千本氏)。ローミングのチャージについては、総務省にも積極的に働きかけたいとしている。
(2007.4.3/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-04 00:19 | 周辺機器  

<< 「ホワイトプラン」が300万契... 米Google、TV広告配信に進出 >>