英EMIがDRMフリー楽曲の提供を開始iTunes Storeが5月から販売



 英EMI Group傘下の英EMI Musicは2日、デジタル形式で同社が提供している全楽曲をDRMフリーで小売業者に提供すると発表した。これを受けて米Appleは2日、EMI Musicの全カタログをDRMフリーで、5月からワールドワイドにiTunes Storeで販売すると発表した。

 DRMフリーということは、ダウンロード購入した楽曲を他のプラットフォームの音楽プレーヤーで再生できることを意味する。例えば、現時点ではiTunes Storeで購入した楽曲には「FairPlay」というDRMが付随しており、携帯音楽プレーヤーではiPod以外では再生できない。DRMフリーなら、iTunes Storeで購入した楽曲をソニー製ウォークマンで再生することもできる。これまでにもDRMフリーの楽曲を提供する小さなレーベルは存在したが、EMIのようなメジャーレーベルがこれほど大規模に発表するのは今回が初めてのこととなる。

 これに関してAppleは、iTunes Storeでの価格設定を発表している。まず、DRMフリーの楽曲はこれまでの128kbps AACの倍の品質となる256kbps AACでエンコードされる。価格は1曲1.29ドル。既に保有している楽曲をDRMフリーバージョンにアップグレードでき、その価格は1曲30セントだ。iTunesでは、ユーザーが現在保有しているEMI Musicの全楽曲を、DRMフリーフォーマットに1曲30セントでアップグレードできるワンクリック機能を追加することも明らかにしている。また、EMI MusicによるミュージックビデオはすべてDRMフリーフォーマットで提供され、価格に変更はない。

● DRMフリー化は売上増加と海賊版対策に効果~EMIのNicoli CEO

 DRMフリー化についての記者会見の日時が4月1日のエイプリルフールに公表されたことから、冗談ではないのかという疑惑を呼んだが、会見は4月2日にロンドンで正式に行なわれたことで、この疑惑は速やかに一掃された。会見はEMI GroupのCEOであるEric Nicoli氏が進行し、AppleのCEOであるSteve Jobs氏がロンドンに赴く形となった。

(2007.4.3/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-04-04 00:16 | インターネット総合  

<< 米Google、TV広告配信に進出 “泡沫候補”浮上させるYouT... >>